Aizackとは?

機械学習によるFXの自動売買プログラムでEA(MT4)で稼働します。AIとアイザックニュートンを文字って、「Aizack」と名付けました。
Aizackを提供するチームFrinxのメンバー全員はITエンジニアで営業的な宣伝は得意ではないので、以下の内容に虚偽や誇張した内容はありません。当然負けるタイミングもありますので、余剰資金での利用を推奨しています。

Aizackの概要
過去6年分のデータを機械学習した、AIによる完全自動売買の取引になります。複数のAIが最適な取引開始だけでなく取引終了のタイミングも予測することで、勝率と利益を高め、負けを最小化した取引を行います。
AIが勝てる可能性が高い判断したときだけ取引をし、200分以内に取引を終了します。ポジションを持たない時間が長いため、相場の急な変動に対してリスクを抑えた取引が可能です。
Aizackの特徴
  1. 投資スタイルに合わせて、お好きなEAを利用可能
    • 5分後を予測する超短期EA、15分後を予測する短期EA、60分後を予測する中期EAの3種類
      ※AI確率によって取引の延長/短縮があるため実際の取引時間とは異なります
    • 1つのEAだけでも3つのEA全てでもお好きに組合せ可能
  2. マーチンゲール、ナンピン無しの安心ロジック
    • 取引ロット数はご自身で設定可能
    • 1つのEAあたり最大ポジション数は1~3個で設定可能
  3. 正しく負けて、コツコツドカンを軽減
    • 勝率は65%-70%で、勝ちと負けの平均金額が大よそ同じになるようにAIをチューニング。一般的な無料EAによくある「勝率は高くてコツコツ勝つが、負けるときに一度にドカンとマイナスになる」ことを軽減
    • 全てのEAでバックテストのドローダウンは10%未満
  4. 経済指標前後もEAを稼働したままでOK
    • 重要度の高い経済指標の前後は一定時間取引が入らないように自動制御。ご自身で経済指標前にEAを止めるような手間が不要
Aizackシステムの詳細(システム詳しくない方は読み飛ばしてください)
MT4では機械学習を利用することができないため、MT4の外に機械学習用のサーバを立てて、AIの確率をMT4に配信する構成になります。AI開発にもITノウハウが必須ですが、このシステム構成を作るだけでもクラウドに詳しいITエンジニアが必要になります。
AIの名前の付いたEAをよく見かけますが、EA単体で動いているものは厳密にはAIではなくルールベースのロジックなので、ご注意ください。
ロジックの詳細はノウハウ公開メニューの過去の主要な改善を全て公開しています。機械学習の中身に興味がある方は下記のリンクからどうぞ。ここまで改善するのに3年以上の年月を費やしました。

バックテスト結果

いずれのEAのバックテストも元金100万円でロット数は1固定にしています。複利無しでも4年間で元資金の3-4倍になる結果となりました。
※用語がわからない方は、先にこちらの用語説明をご覧ください。

5分後予測AI「Aizack_v12_eurusd05」のバックテスト結果

【ひとこと特徴】
平均獲得Pipは小さいが、超短期で大負けするリスクが低いため、ロットを上げやすい

【2017年~2021年3月のバックテスト】 ※Spreadは変動だが、平均0.4pip程度
 獲得Pip: 2356.3
 プロフィットファクター: 1.94
 取引回数: 1499
 勝利数: 1021
 敗北数: 478
 勝率 : 68.11
 平均継続時間(分): 9.1
 ドローダウン: 0.065
 平均勝ちpips: 4.76
 平均負けpips: -5.25

 

15分後予測AI「Aizack_v12_eurusd15」のバックテスト結果

【ひとこと特徴】
5分モデルよりも若干安定感は下がるが、平均獲得Pipが上昇

【2017年~2021年3月のバックテスト】 ※Spreadは変動だが、平均0.4pip程度
 獲得Pip: 2925.7
 プロフィットファクター: 1.89
 取引回数: 1118
 勝利数: 753
 敗北数: 365
 勝率 : 67.35
 平均継続時間: 26.58
 最大ドローダウン: 0.063
 平均勝ちpips: 8.24
 平均負けpips: -9.00

 

60分後予測AI「Aizack_v12_eurusd60」のバックテスト結果

【ひとこと特徴】
たまに50pip負けることもあるが、PF値と平均獲得Pipは最も高い。Spreadが広い口座でも勝ちやすい。

【2017年~2021年3月のバックテスト】 ※Spreadは変動だが、平均0.4pip程度
 獲得Pip: 2987.4
 プロフィットファクター: 2.00
 取引回数: 811
 勝利数: 532
 敗北数: 279
 勝率 : 65.59
 平均継続時間: 99.1
 最大ドローダウン: 0.054
 平均勝ちpips: 11.2
 平均負けpips: -10.6

 

 

本番運用結果(Frinx公開口座)

2020年結果(8月中旬~12月):Aizackバージョン10の結果 
・5か月で資金+22万円(+39%)という良い結果となりました
・EA配布は6月下旬から始めていて7月と8月前半は+200pip以上プラスなのですが、まだ公開口座を作っておらず集計に含めていないため、実際には+50%以上になります

2021年途中経過(5月~8月):Aizackバージョン12の結果
・4か月で資金+14万円(+20%)とまずまずの結果です。
・ただし1月~2月でバージョン11は負けが多く、すぐに止めましたが-6万円となっているので、実質は+8万円です。負けた原因を調べて改善したものが現在のバージョン12です。
・6月以降はほぼリアルタイムに全ての取引結果をMYFXBookで公開しています。

その他実績:
 ・2020年にAvaTradeJapan主催の自動売買コンテストでAizackの60分予測モデルが準優勝しました。

無料でEA配布をする理由

上図の通り、FX利用者は無料でMT4(EA)を利用することができ、キャッシュバック業者はFX会社からお礼にキャッシュバックをもらうという関係になります。利用者が取引するほど、キャッシュバックが増えるので、キャッシュバック業者からすると、投資家が安定して勝てるロジックを提供するモチベーションになります。我々Frinxはこのキャッシュバック業者の位置づけで、EAを無料配布しています。

Aizackを利用したい方は

下記にEA申請方法が載っていますので、好きなFX業者を選んで申請ください。
EA申請はこちら
※サブIBから紹介されている方は、サブIBの方に案内されたリンクから口座開設ください。

MT4を動かす環境がない方もAvaTradeJapanのAMMAという仕組みで、口座開設だけで自動売買できるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください。